スマホの使い過ぎで口が臭くなる!!通称「スマホ型口臭」


 20~30代のスマホ使用率が90%を超える昨今だが、意外と知られていないのが、スマホ使用中は口臭が強くなりやすいということ。口臭専門クリニック院長で歯学博士の中城基雄さんが解説する。

「スマホを見ているときのややうつむいた体勢は舌下腺、顎下腺という唾液を出す部分を圧迫し、また、ずっと1点を凝視していることで、交感神経が優位になってしまいます。さらに、誰とも話さないので、あごをまったく動かさず唾液腺が刺激されません。これらによって、唾液が出にくくなる。唾液不足の状態が続くと、口臭発生菌の“嫌気性菌”を増殖させてしまいます。そのため、スマホを見る状態を30分以上続けた場合、臭気が発生した口腔環境になってしまいます」

 このニオイには唾液を出すカチカチ体操とベロベロ体操というマッサージが有効だという。

「上の歯と下の歯をカチカチと噛み合わせ、あごを30回ほど動かすのがカチカチ体操。一方、ベロベロ体操は右唇と左唇を舌で片側12回ずつ舐める。こうするだけで、自然と唾液が出てくるものです」(中城さん)

 起床後や空腹時、緊張時などは唾液が少なくなる。舌やあごを動かし、唾液分泌を促すこの体操を実践することで、イヤな口臭を予防したい。

0