20代男性の6割が「男性専用車両」を希望、最も満員電車耐性があるのは50代男性


通勤電車でイライラすることを聞くと、1位は「奥に詰めず、ドア脇でとどまる乗客」(53.4%)となった。2位は「電車が遅延すること」(51.1%)で、3位は「リュックやカバンを前に抱えない乗客」(46.9%)となっている。

年代別に見ると、20代の1位は「電車が遅延すること」(54.5%)で、2位に「他の乗客のにおい」(49.5%)がランクインしている。一方、50代の1位は「奥に詰めず、ドア脇でとどまる乗客」(57.5%)、「リュックやカバンを前に抱えない乗客」(54.5%)と乗客マナーが上位を占めた。

また「女性専用車両」があるのに、と度々話題になる「男性専用車両」について聞いた。「導入を希望する」「やや希望する」と回答した人の合計は53.8%と過半数を超えている。男女別で見ると、男性が49.8%なのに対し、女性は57.8%と8.0ポイント上回る結果となった。

性年代別で見ると、「希望する」の割合が最も多いのは20代男性と40代女性(各63.0%)だった。男性は以降、30代で51%、40代で47%、50代で38%と減少している。女性は20代58%、30代53%、50代57%となっている、女性全体の57.8%が男性専用車両導入を希望していることが分かった。

満員電車でイライラすることは? ビッグローブは10月19日、「通勤に関する意識調査」の結果を発表した。調査は今年8月にインターネットで実施し、20~50代の男女各400人、合計800人から回答を得た。 通勤電車でイライラすることを聞くと、1位は「奥に詰めず、ドア脇でとどまる乗客」(53.4%)となった。2位は「電車が遅
0