「子供がイジメを行ったら親が罰を受ける」 新法律がアメリカのとある町で施行される


2017年10月1日、米ニューヨーク州ノーストナワンダにある町で、イジメに関する新たな法律が施行された。イジメを行った子供の親に、15日以下の勾留もしくは250ドル(日本円で約2万8000円)以下の罰金が科されることになったのだ。

この法律に対して、住民からは「子供を思い通りにコントロールすることなんて出来ないと主張する人もいるけれど、それでも責任を取るのが親の務め」と賛成の声が挙がっているようだ。

しかしネット上では
「イジメを行う子供が、家庭で虐げられている場合も多い。親に罰を与えると、その子供がより虐げられることになりそう」
「親に迷惑をかけるために、あえてイジメを行う子供も出てくるのでは」
といった批判意見も見受けられる。

警察は「私たちは各家庭の子供の育て方に口出しをする訳ではない。ただ人々に自分の子供を育て、子供の人生に関わってほしいだけ」と話しているのだった。

0