運動会の場所取り合戦 5時間以上前から並ぶ人が2割に


 小学校の年中行事の一大イベントといえば「秋の運動会」であることは今も昔も変わりません。娘、息子の年に一度の晴れ舞台であると同時に、年々成長していく子供たちの姿を間近に見れるとあって、「より、いい場所で堪能したい」と思う親御さんは多いことでしょう。そんな思いが募ってか、運動会の場所取り合戦は年々激化の一途を辿っているというのです。

 そして、場所取りの役を担うのは圧倒的に父親が多いということは、「今年の運動会の場所取りに並ぶ予定の小学生のご子息を持つ父親100人」を対象にした、Q1のアンケート結果を見れば一目瞭然です。

Q1 今年の運動会、場所取りに並ぶのは父親と母親、どっちの予定?
父親 83人
母親 14人
一緒に並ぶ 3人

 実に8割以上のご家庭が、「並ぶのは父親の仕事」といわんばかりの偏りです。運動会の場所取りは、“父親たちの運動会前哨戦”といっても過言ではないでしょう。

 また、「一緒に並ぶ」が極端に少ない点も目につきます。お母さんはお弁当作り、お父さんは場所取りと、家事育児に夫婦同時参入が当たり前となった昨今でも、しっかり分業化されている様子が伺えます。

 さて。場所取りは年々激化の一途と冒頭で申し上げましたが、実際、どれくらい長時間並ぶのかは、Q2をご覧ください。

Q2 今年の運動会、どれくらい並ぶ予定?
・10時間以上前から待つ 2人
・7時間以上10時間未満 7人
・5時間以上7時間未満 11人
・3時間以上5時間未満 19人
・1時間以上3時間未満 30人
・30分以上1時間未満 18人
・30分未満 13人

 「10時間以上」を10時間、「30分未満」を0.25時間、「7時間以上10時間未満」を8.5時間として人数を掛け合わせた、非常にざっくりとした計算によると、平均は約2.98時間。5時間以上並ぶのが全体の2割というのも驚きですが、昭和の伝説的社会現象となった「ドラクエ3発売日の長時間行列」を経験したお父さん世代にとっては屁のカッパといったところでしょうか。早速、その理由を見ていきましょう。

「タープテントが張りやすく、競技もよく見れる場所を取りたい。地区別でエリアが決まっているので、エリア間の争奪戦が激しい」(38歳・栃木県)

「ビデオを撮りやすい位置を探すのには、とにかく時間がかかるんです!」(35歳・奈良県)

「小1の息子の初めての運動会。自分の子供が学年別挨拶の代表に選ばれたので良い席で見たいので」(32歳・山口県)

「校庭が狭いのに生徒数が多いので、並ばないとお昼に子供とお弁当を食べる場所がない」(千葉県・40歳)

「親戚なども集まるので、広い場所が必要」(東京都・42歳)

 その他、とにかく目立ったのが「いい場所で見たい」「いい場所でビデオを撮りたい、写真を撮りたい」という意見。真っ当な理由ともいえますが、中には“場所取りが運動会のメイン”ともいうべき本末転倒な意見も見られました。

「運動会といえば場所取り!かけっこで一等賞を取るより、いい場所を取ったほうが家族は喜ぶ」(41歳・埼玉県)

「うちは3人兄弟で、上の子から数えて今年で8年目。毎年場所取り競争が激化している。ライバルには負けられない!」(55歳・東京都)

 鼻息の荒さが伝わってくるようなコメントの数々ですが、根本的には「みんなが並ぶから、早くから並ばないといい場所を取れない」というのが、競争の激化に拍車をかけているようです。そうした状況に、くじ引きや時間制の導入など、パチンコ屋の新装開店さながらの対策を講じている学校も増えてきているようです。

 ともあれ、場所取りに固執するあまりトラブルになったり、本番の運動会に寝不足や体調不良でダウン、父母参加競技で力尽きる……なんてことがないよう、年に一度の一大イベント、心ゆくまで楽しんでほしいものです。

〈取材・文/スギナミ〉

小学校の年中行事の一大イベントといえば「秋の運動会」であることは今も昔も変わりません。娘、息子の年に一度の晴れ舞台であると同時に、年々成長していく子供たちの姿を間近に見れるとあって、「より、いい場所
0