夫婦で助け合うのをやめたくなる言葉 2位「やって当然だよね?」、3位「そんなこともできないの?」


一方、どのようなことを言われると夫婦で助け合うことをやめたくなるかを聞くと、1位が「こっちは(仕事や家事を)頑張ってるんだけど!」(29.4%)。次いで「やって当然だよね」(27.7%)、「そんなこともできないの?」(25.6%)、「やればいいんでしょ?」(24.6%)、「疲れてるんだけど」(23.5%)と続いた。
――――
具体的にどのようなことで助け合っているのだろう。自分たち夫婦が上手く助け合えていると思うことを聞くと、最も多かったのは「ゴミ出し」(51.0%)。以降「買い物」(39.4%)、「皿洗い」(37.2%)、「子どもとの遊び」(34.6%)、「家計の収入」(33.6%)と続く。

男性は女性と比べ「ゴミ出し」(58.2%、女性43.8%)、「買い物」(45.0%、女性33.8%)、「皿洗い」(47.8%、女性26.6%)、「風呂掃除」(39.8%、女性26.4%)、「部屋の掃除」(33.2%、女性22.8%)で割合が高くなっている。夫としては、これらの家事で上手く助け合えているという意識を持っているようだが、妻からすればそうでもないようだ。

10月15日は「たすけあいの日」、11月22日は「いい夫婦の日」とされている。それに先駆け日本生活協同組合連合会は10月4日、「夫婦の"たすけあい"に関する調査」の結果を発表した。調査は8月25~29日にインターネットで実施し、未就学児から大学生までの子どもがいる全国の20~59歳の既婚男女各500人、合計1000人か
0