【マジかよ】ネット上の「炎上」に関わっている人は全体の○%しかいない事が判明!


文化庁が全国の16歳以上の男女、およそ3500人を対象に実施した調査結果より、
ネット上のいわゆる「炎上」に関しての書き込みや拡散をすると思う人は全体の3%に過ぎない事が判明。

批判的な意見が殺到する「炎上」を目撃した場合、書き込みや拡散をするか聞いたところ、
「ほとんどしないと思う」が10.1% 「全くしないと思う」が53.2%
だったのに対し、
「大体すると思う」「たまにすると思う」が合わせて2.8%とごく一部に。

日本語学専門の日本大学・田中ゆかり教授は
「炎上が起こるとネット中が批判しているように見えるが、実際には少数であることがわかる。炎上が全員の意見だと、うのみにせず、冷静に捉えることが大切だ」
とコメント。

0