【マジ注意】20日から配信される『iOS11』は32bitアプリが利用不可!古いアプリは全部起動できなくなるから気をつけろ!


・日本時間で9月20日に配信される「iOS 11」。バージョンアップする前に注意してほしいことがある。それは、iOS 11では32bitアプリが利用できなくなることだ。

・iOS向けアプリは32bitと64bitのものがあるが、Appleは2015年2月1日以降に登録するアプリを64bit化するよう義務付けている。

・自分のiOSデバイスに32bitアプリがあるかどうかは、「設定」→「情報」→「App」から分かる。32bitアプリがあると「App互換性」の画面に切り替わり、該当アプリの一覧が表示される。ここでアプリをタップすると、App Storeに残っているものはApp Storeのページに移るが、64bit化のアップデートができなければiOS 11では動作しない。この一覧からは、既にApp Storeから削除されているアプリもある。

・「設定」→「情報」→「App」で何も表示されなければ、手持ちのアプリは全て64bit化されていることになる。

・タイトーは9月30日に、32bitアプリの「バブルボブル ダブル」「スペースインベーダー インフィニティジーン」「アルカノイド」「パズルボブル」「キャメルトライ」の配信を終了することを告知している。9月30日以降はApp Storeから削除され、ダウンロードもできなくなる。インストール済みでもiOS 11では動作しない。

iOS 11にアップデートすると32bitアプリは動作しなくなるので注意したい。タイトーは5つのゲームアプリの配信を終了する。よく使うアプリがiOS 11に対応しているかも確認したい。
0