【名古屋×千葉】J1昇格PO ハンド見逃しゴールが流れを変える。シモビッチがハット、名古屋が決勝進出!


 J1昇格プレーオフ準決勝が26日に行われ、名古屋グランパスとジェフユナイテッド市原・千葉が対戦した。

 明治安田生命J2リーグを3位で終えた名古屋グランパスと劇的な勝利で6位を掴んだ千葉の対戦。90分を終えて同点の場合はリーグ戦で上位だった名古屋の決勝進出が決まる。

 試合は一進一退の攻防が続く。名古屋はシモビッチ、青木亮太が決定的なシーンを迎える。千葉は左サイドで為田大貴が存在感を発揮し、ラリベイに惜しいシュートが生まれる。このまま前半終了と思われた47分、左サイドのショートコーナーから為田が1対1を仕掛ける。倒れ込みながら左足でクロスを送ると、ラリベイが相手DFに体を預けながら左足に当てて押し込み、ゴールネットを揺らした。

 後半に入り、名古屋が試合を振り出しに戻す。61分、シモビッチが後ろから追い越してきた田口泰士にパス。ドリブルでゴール前に突進し、DFをかわして最後は左足でゴールに流し込んだ。ドリブルで運ぶ際、相手DFに当たって跳ね返ったボールが田口の手に当たっているように見えたが、笛は鳴らなかった。

 勢いに乗る名古屋は66分、GK武田洋平のキックが千葉DFラインを越え、シモビッチがこれを追う。千葉GK佐藤優也が飛び出して対応するが、ヘディングでのクリアを後ろにそらしてしまい、入れ替わったシモビッチが無人のゴールに押し込んで逆転ゴールを決めた。さらに86分、右サイドからカットインした青木が右足アウトでゴール前にラストパスを送り、シモビッチが流し込んでリードを拡げた。

 3ゴールが必要となった千葉は89分にラリベイがPKで1点を返したが、反撃もここまで。シモビッチが終了間際にPKをきっちり決めてダメ押し、名古屋が千葉との打ち合いを制して昇格プレーオフ決勝に駒を進めた。

 J1昇格プレーオフ決勝は12月3日に行われ、東京ヴェルディに勝利したアビスパ福岡と名古屋が対戦する。

【スコア】
名古屋グランパス 4-2 ジェフユナイテッド市原・千葉

【得点者】
0-1 45+2分 ラリベイ(ジェフユナイテッド市原・千葉)
1-1 61分 田口泰士(名古屋グランパス)
2-1 66分 シモビッチ(名古屋グランパス)
3-1 86分 シモビッチ(名古屋グランパス)
3-2 89分 ラリベイ(PK、ジェフユナイテッド市原・千葉)
4-2 90+5分 シモビッチ(PK、名古屋グランパス)

J1昇格プレーオフ準決勝が26日に行われ、名古屋グランパスとジェフユナイテッド市原・ - Yahoo!ニュース(SOCCER KING)
0