「長澤まさみの父・和明氏」清水東高サッカー部HC退任。ジュビロ磐田初代監督


清水東高サッカー部で同校OBの長澤和明ヘッドコーチ(HC、59)が退任することが、8日までに明らかになった。1年契約で3年間指導し、
今回選手権ベスト8、6月県総体では準優勝に導いたが、本人の事情により、来年の契約は更新しない意向を示した。

 女優・長澤まさみの父で元日本代表MFの長澤HCは2015年に就任。ジュビロ磐田初代監督として1993年にJリーグ昇格や常葉橘(現常葉大橘)高、
常葉大浜松を全国大会に導くなど、様々なカテゴリーでの経験を母校の強化に注いだ。

 「県タイトルをひとつは取りたかった。でも、古豪復活の手ごたえはあり、道は見え始めた」と3年間を振り返った。選手には7日に伝えた。
長澤HC就任とともに入学した前主将のDF小林誉貴(3年)は「勝負の仕方や局面の戦いなど、プロの指導者のサッカー観を学べて良かった」と、感謝した。

 現在磐田市在住で、今後は知人が運営する浜松フットボールアカデミーのジュニアユース「ホワイトドラゴンズ」と、小学生のスクールで週3回程度、指導を行う予定だ。

 清水東高サッカー部で同校OBの長澤和明ヘッドコーチ(HC、59)が退任することが、8日までに明らかになった。1年契約で3年間指導し、今回選手権ベスト8、6月県総体では準優勝に導いたが、本人の事情により、来年の契約は更新【サッカー】
0