ソウル市内を走る「慰安婦バス」 乗客の誰も像に関心を示さず


 窓のサッシには、《少女像です》《少女像を自分の目で見てください》という告知シールもあったが、驚くべきことに、乗客の誰も慰安婦像に関心を示していなかった。すぐ後ろの席に座ったおばあさんは知人と談笑を続け、若いOL風や女子高生はずっとスマートフォンをいじっていた。

 韓国メディアは、乗客の「(慰安婦像は)本当にかっこいい」「歴史を学習できる、いい機会になった」という好意的な感想を報じていたが、現実は大違いのようだ。正直、像はシュールな印象しかなかった。

ソウル市内を走る「慰安婦バス」に乗車したルポを夕刊フジが報じた。「少女像を自分の目で見てください」という告知シールも貼ってあったそう。しかし乗客の誰も、慰安婦像に関心を示していなかったという
0

  1. 名前:名無しのJ民さん 投稿日:2017/09/01(金) 16:11:50 ID:9c3925bcd 返信

    邪魔なだけやろ

    0

  2. 名前:名無しのJ民さん 投稿日:2017/09/01(金) 17:38:59 ID:830f8f9ff 返信

    そら興味なんかないよ

    0