【衝撃】かつて南極では木々が生い茂っていた!?古代の木の化石を大量に発見!!


米ウィスコンシン大学の教授、エリック・ガルブランソン氏とジョン・イズベル氏は夏の南極を探検していた。

ガルブランソン氏、イズベル氏と国際研究チームのメンバーはパーカを何枚も着込み、化石の破片を探した。探検隊は2016年11月から2017年1月にかけて、雪をかぶったマッキンタイア岬の斜面を登り、南極横断山脈の灰色の堆積岩を調査した。

そして、13個の化石の破片を発見。すべて木の化石で、地球史上最大の絶滅が起きた約2億6000万年前より古いものだ。この発見は、世界で最も寒く乾燥した大陸に、かつて緑の森があったことを示唆している。

南極で2億6000万年以上前の木の化石が発見された。世界で最も寒く乾燥した大陸に、かつて緑の森があったことを示唆している。
0