iPhoneXの顔認証、さっそく他人に突破されてしまうwwww


iPhone Xで新しく導入された顔認証機能「Face ID」は、他人が認証を突破する確率を「100万分の1」という精度だという。

また、Face IDは時間の経過による顔の変化や帽子やメガネ、ヒゲなどがあっても「同じ顔」と認識できる。

しかし海外フォーラムRedditに、iPhone XのFace IDを本人以外が突破してしまう動画がアップされた。

動画では2人の男性が登場。iPhone Xではロック画面の時計上にはカギ型のアイコンが表示されており、Face IDでの認証を突破するとカギが開く

iPhone Xの持ち主である兄が顔認証を行うとロック画面のカギ型のアイコンが開く

弟がFace IDに挑戦しても画面のカギはロックされたまま。

しかし弟が兄のメガネとそっくりな黒縁眼鏡をかけるとFace IDが認証され、カギが開いた。

2017年11月3日についに登場となった「iPhone X」は、表面いっぱいに広がる5.8インチの大型ディスプレイやApple Watchとお揃いのステンレススチール製フレーム、そしてホームボタン
0