ロボット犬「アイボ」復活!めちゃくちゃ可愛くなってるぞおおおお!!


 ソニーは1日、家庭の中で人とつながり、愛着が持てる犬型の自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ:ERS-1000)」を発表した。2018年1月11日に発売し、価格は198,000円。販路はソニーストア限定で、11月1日23時1分より予約受付を開始する。aibo利用のためにはLTEによる通信機能「aiboベーシックプラン」(3年)の契約が必要で、一括払いは9万円(月あたり2,500円)、月払いは2,980円。

 ソニーが1999年から2006年まで発売したエンタテインメントロボット「AIBO」が、最新のメカトロニクスや、AI/クラウド連携とともに12年ぶりに復活。ソニー平井一夫社長は、「AIとロボティクスを組み合わせることで、新たな提案ができると考え、積極的に投資してきた。その一つを今日発表する」と語り、名称「aibo」を発表。平井社長が「おいで、aibo」と呼び掛けると、3匹のaiboが登場。人と心のつながりをもつエンタメロボットとして、1年半かけて開発したことをアピールした。

 可愛らしい犬型のエンタテインメントロボットで、「丸みを帯びた生命感あふれるたたずまい」に、くるくると動く瞳、個性的な鳴き声、耳やしっぽや体のボディランゲージなどのふるまいで、オーナーの暮らしに“なごみ”を与える。

 ソニーは1日、家庭の中で人とつながり、愛着が持てる犬型の自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ:ERS-1000)」を発表した。2018年1月11日に発売し、価格は198,000円。販路はソニーストア限定で、11月1日23時1分より予約受付を開始する。aibo利用のためにはLTEによる通信機能「aiboベ
0