山口敬之氏「あなたは性犯罪被害者ではない」、性的暴行めぐり伊藤詩織さんに反論


元TBS記者で、現在フリージャーナリストの山口敬之さんが10月26日発売の『月刊Hanada』(12月号)で、ジャーナリストの伊藤詩織さんから「性的暴行を受けた」と告発されている問題について、20ページにわたり反論の手記を寄稿している。一連の騒動以降、山口さんがメディアで反論するのは初めてのことだ。

詩織さんは2015年4月、山口さんと2人で飲食したあと、意識のない状態で性的暴行を受けたと主張。詩織さんは被害届を出したが、検察は嫌疑不十分のため不起訴処分とした。詩織さんは今年5月、不服として検察審査会に審査を申し立てたが、検察審査会は9月、不起訴相当の議決をした。

現在、詩織さんは東京地裁に民事訴訟を起こしているほか、10月には手記『Black Box』(文藝春秋)を出版した。一方、山口さんは一貫して性的暴行を否定。「法に触れることは一切していない」などとフェイスブック上に投稿していた。

山口さんは手記の中で「あなたは性犯罪被害者ではありません」「事実と異なる女性の主張によって私は名誉を著しく傷つけられ、また記者活動の中断を余儀なくされて、社会的経済的に大きなダメージを負った」「あなた(詩織さん)が民事訴訟に打って出た以上、徹底的に闘う」などとつづり、詩織さんが訴えている点について、反論している。

元TBS記者で、現在フリージャーナリストの山口敬之さんが10月26日発売の『月刊Hanada』(12月号)で、ジャーナリストの伊藤詩織さんから「性的暴行を受けた」と告発されている問題について、20ページにわたり反論...
0