ウィキペディア「日本、アクセス数は世界2位のくせに寄付が少なすぎるんだがどういうこと?」


 最近、パソコンやスマートフォンで、ウィキペディア(Wikipedia)のページを開くと、寄付を呼びかけるメッセージをよく見かけます。スマホの場合、画面全体が呼びかけで覆われることもあります。SNS上では「気持ちは分かるけど、大きすぎる」という意見も。世界のアクセス数で見ると、アメリカに次ぐ二番目の日本。なぜ最近、寄付の募集が目立っているのか。そもそも寄付にこだわる理由は? 「日本はまだ寄付をそれほど認識していません……」。ウィキペディアを運営するアメリカの「ウィキメディア財団」に取材しました。

年に一度のキャンペーン

 ウィキペディアを使って調べ物をしようとすると、パソコン上で最近、次のようなメッセージが出るようになりました。

 〈日本の読者の皆さまへ、今日は、日本の皆さまにお知らせがあります。ウィキペディアの援助をお願いいたします。私たちは独立性を守るため、一切の広告を掲載いたしません。平均で約1500円の寄付をいただき、運営しております。援助をしてくださる読者はほんの少数です。もし、このメッセージを読んでくださった皆さまが300円を寄付してくだされば、ウィキペディアはこの先何年も発展することができます。コーヒー1杯ほどの金額です。ウィキペディアを便利に思われるなら、今後も運営を続け、さらに発展できるよう少しのお時間をください。よろしくお願いします〉

 スマホでも英語版でも、文字数や表現はやや異なりますが、ほぼ同じ内容のメッセージが出ています。そして両方とも「クレジットカード」と「PayPal」の寄付方式を案内しています。寄付額を載せたページには「300円」「1500円」「2000円」「5000円」「10000円」「その他」などと金額が選べるようになっています。

 財団によると、このお願いは年に一度、2~3週間かけて実施されるキャンペーン。今回は9月いっぱい表示される予定です。

0

  1. 名前:名無しのJ民さん 投稿日:2017/10/02(月) 22:31:26 ID:0c06a1169 返信

    あれが出てくるくらいなら広告でええわ

    0