【広島】新井、現状維持でサイン「チームを救う一打をたくさん打ちたい」


 広島の新井貴浩内野手(40)が19日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸1億1000万円プラス出来高でサインした。

 今季は100試合に出場し、打率2割9分2厘に9本塁打、48打点。MVPを獲得した昨季に比べ個人成績は下回ったが、7月7日のヤクルト戦(神宮)で球団最年長(40歳5か月)の代打弾となる決勝3ランを放つなど、ここ一番での勝負強さを発揮した。

 「球団からは『よくやってくれた。(来年も)今年みたいに頑張ってほしい』と言われました」と新井。来季はプロ20年目を迎えるが「苦しいときにチームを救う一打をたくさん打ちたい」と意欲を燃やした。

広島の新井貴浩内野手(40)が19日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、現状 - Yahoo!ニュース(スポーツ報知)
0