【巨人】山口俊が現状維持で更改「前を向いて。菅野、田口に続いて成績を出せるように」


 巨人の山口俊投手(30)が6日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持でサインした。

 DeNAからFA移籍1年目の今年は4登板で1勝1敗、防御率6・43。右肩の違和感で2月のキャンプから続いた長いリハビリを乗り越え、今季初登板となった6月14日のソフトバンク戦(東京D)では6回無安打無失点と好投。継投によるノーヒットノーラン達成に貢献し、初勝利をマークした。

 7月に都内の病院で傷害と器物損壊のトラブルを起こし、球団からは以下の処分を受けた。

 〈1〉8月18日から今季終了(11月30日)までの出場停止

 〈2〉7月11日から出場停止期間前日の8月17日までの間、1日につき年俸の300分の1に相当する金額の罰金

 〈3〉出場停止期間中、1日につき年俸の300分の1に相当する金額の減俸

 罰金、減俸を合わせた総額は1億円以上に上るとみられる。

 今季の推定年俸は8000万円と思われていたが、入団時に3年総額7億円の複数年契約を結んでいたため、年俸2億3000万だった模様で、ベース年俸は来季も変わらない模様だ。ただ、契約年数の見直しなど、契約内容の見直しが行われたとみられる。

 来季に向け「菅野、田口という先発投手がいますので、しっかりそこに続いて成績を出せるようにしたいです。(チームメートには)いろいろ厳しい言葉ももらいましたが、グラウンドに帰ってからは普段と同じように接してもらって感謝しています。自分自身、前を向いてやろうと思います」と話した。

巨人の山口俊投手(30)が6日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持で - Yahoo!ニュース(スポーツ報知)
0