【日本S・福岡決戦】ソフトBが2年ぶり日本一!! MVPは守護神サファテ


 ◆日本シリーズ第6戦 ソフトバンク4―3DeNA(4日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクがDeNAに劇的なサヨナラ勝利を収め、対戦成績を4勝2敗として2年ぶりの日本一を決めた。第1戦から3連勝で王手をかけながら、その後2連敗。第6戦は逆王手をかけられる寸前から押し返した。工藤監督はリーグ優勝、CS突破時と同様に7度、胴上げされた。

 2回、松田の左中間ホームランテラスに飛び込む今シリーズ1号ソロで先制。中5日の先発東浜はバックの好守にももり立てられながら粘ったが、5回に白崎に左翼への同点ソロを浴び、2走者を残して降板。3番手石川がロペスに2点適時打を許し、勝ち越された。

 11三振と今永を打ちあぐねていた打線だったが、8回、先頭の長谷川勇の二塁打から1点を返す。1点ビハインドの9回にサファテを投入すると、その裏1死、内川が山崎康から起死回生の同点ソロを放った。

 延長10回も続投したサファテは無死二塁のピンチを脱出し、なお11回も続投し、3イニングを無失点。その裏、2死一、二塁から川島が右前打。ライト梶谷の返球が本塁目前で大きく跳ね、二塁ランナー中村晃が生還した。

 パ・リーグ優勝のソフトバンクは、セ・リーグ3位でCSを勝ち上がってきたDeNAに大いに苦しめられながら、頂点に返り咲いた。日本一は球団がソフトバンクとなって4度目で、前身の南海、ダイエー時代を含めると通算8度目。工藤監督は就任3年目で2度目のシリーズ制覇となった。

◆日本シリーズ第6戦 ソフトバンク4X―3DeNA(4日・ヤフオクドーム) ソフトバンクがD - Yahoo!ニュース(西日本スポーツ)
0