ソフトB松坂退団へ 在籍3年で登板1試合 コーチ兼ねて復帰目指す案は辞退


 福岡ソフトバンクの松坂大輔投手(37)が今季限りで退団する意向を固めたことが4日、分かった。在籍3年目の今季は右肩の不調から1、2軍を通じ登板なし。球団から支配下選手登録を外れた上で、コーチを務めながら復帰を目指すよう打診されたが、辞退した。

米大リーグで9年プレー後、2015年に日本球界復帰し、3年総額12億円(推定)プラス出来高の大型契約で入団。先発の一角と期待されたが右肩の不調を訴え、同年8月に手術を受けた。

 翌16年はリハビリが続き、移籍後初登板はレギュラーシーズン最終戦の10月2日楽天戦で、1回5失点だった。オフにプエルトリコ・ウインターリーグに参加するなどして復活を目指したが、今年は3月25日のオープン戦の登板を最後に、実戦から離れていた。

 ソフトバンクでは10年に3度目の右肩手術を受けた斉藤和巳が11年から3年間、支配下登録を外れリハビリ担当コーチを務めながら復帰を目指した例があり、今回も同様のポストを打診したもようだ。一方、松坂は9月末に「続けるつもりがなければ最初からハビリもしていない。もう一度マウンドに立ちたい。たとえ契約してもらえなくても、諦めずリハビリはやっていきます」と現役続行の意思を強調していた。

 10月末に本格的なブルペン投球を再開した際には「投げられるところまできた。僕の中で一区切り」と手応えも口にしていた。日米通算164勝右腕も、在籍3年間で未勝利。現役続行なら来季で20年目となるが、その道のりは険しいものになりそうだ。

福岡ソフトバンクの松坂大輔投手(37)が今季限りで退団する意向を固めたことが4日、 - Yahoo!ニュース(西日本スポーツ)
0