【パCS】ソフトB「0%」から初突破!復帰1番柳田が奏功 2連敗から3連勝


 ◆パ・リーグCSファイナルステージ第5戦 ソフトバンク7‐0楽天(22日・ヤフオクドーム)

ソフトバンクが2年ぶりにCSを突破し、日本シリーズ進出を決めた。レギュラーシーズン優勝を決めたのは敵地メットライフドームで、今年初めて本拠地での胴上げ。工藤監督はリーグ優勝時と同じ7度、宙を舞った。

 右脇腹痛で離脱していた柳田を電撃的に復帰させ、1番中堅で即スタメン起用した。初回、その柳田の内野安打を足掛かりに、内川の先制犠飛、松田の2点二塁打で3点を先制。先発の武田も、直後の2回から4者連続の奪三振で流れを引き寄せた。

 4回には松田の今CS1号2ランで楽天の先発美馬をKO。さらに柳田に適時打も出て、一方的な試合展開に持ち込んだ。

 武田は6回無死一、二塁のピンチ、7回無死一塁の場面といずれも併殺でしのぎ、8回から継投に移った。セットアッパーの岩崎が1イニングを無失点。9回は森が1死を取った後、サファテが登板し、チームの今CS初となるシャットアウトを完成させた。

 第1戦から2連敗しながら、第3戦から一気の3連勝で突破。パ・リーグのCSではファイナルステージ初戦黒星から突破した初めての例となった。日本シリーズ進出は南海、ダイエー時代を含め17度目。28日の第1戦で、本拠地ヤフオクドームにセ・リーグCS突破チームを迎える。

0