阪神・金本監督、雨中での試合に「選手が気の毒で申し訳ない」 第3戦は「総力戦で」


 「セCSファーストS・第2戦、阪神6-13DeNA」(15日、甲子園球場)

 阪神が雨中の決戦に敗れ、1勝1敗のタイとなった。CSファイナルS・広島戦(マツダ=18日から)進出は、16日の第3戦に持ち越しとなった。

 試合はシーソーゲームとなったが、七回に暗転。勝利の方程式の一角、桑原が誤算。雨でぬかるんだグラウンドの影響でゴロが止まるなど、不運もあったが7安打を浴びて一気に6点を失った。

 金本監督は試合後、桑原の投球について「アンラッキーな当たりが2本あった。それが失点になってしまった。ただお互い同じ条件ですので…」と話すにとどめた。

 試合前から雨が降り続く中でのゲーム展開に「いつ試合が終わるか分からない状態だったから…。先発を早めに代えたり、継投は非常に難しかった。いろんなことを考えないといけない試合だった」とやりくりの難しさを明かした。

 ダイヤモンドには水たまりができるなど、シーズン中の試合であれば中止になっておかしくない状況とあって、「選手が気の毒で申し訳ない、そういう思いだった」と選手を気遣っていた。

 第3戦は引き分けでファイナルS進出が決まる。「とにかくいいコンディションで、総力戦でやりたい」と話していた。

0