ソフトバンク松坂、現役続行の意向 今季1軍登板なし


 今季で3年契約が切れるプロ野球ソフトバンクの松坂大輔投手(37)が27日、来季も現役を続けたいとの意向を示した。福岡県筑後市のファーム施設で取材に応じ、「もう一度、しっかり投げられるようになんとかしたい」と話した。

 松坂は、3年12億円(金額は推定)の大型契約で2015年から日本球界に復帰。ここまで1軍での登板は、昨年10月に投げた1試合のみ。巻き返しを期す今季はオープン戦に4試合登板したが、開幕ローテーションを逃した後、右肩の違和感を訴えてリハビリに専念していた。

 日米164勝の右腕は「リハビリを担当してくれた人と、こういう動きの方が(肩に)負担がかからないんじゃないかと話をしながらリハビリとトレーニングをしてきた。簡単にはいかないと思いますけど、しっかりゲームで投げられる形が見えてきている。あきらめずにやっていくだけです」と意欲を語った。

0